珠洲産珪藻土による切り出し七輪・こんろを販売する店長の日記です

面倒な火起こしを解消 火起こしラクラクこんろセット販売いたします。

七輪は使ってみたいけれど、どのようにすれば簡単に木炭に着火できるか、悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

従来から、ガスコンロに火起こし器というものをかけて、木炭に着火するという方法があります。
ガスコンロに火起こし器をかけたところ

ただ最近は、キッチンがガスコンロからIH化が進んで、炎の出るものがなくなってきました。

また、カセットコンロで火起こし器を使うと、ガスボンベが炭の熱で温められ爆発するケースがあるなど危険です。

もちろん、野外のバーベキューでは着火剤や新聞紙、小枝など上手に使って炭火を熾される方もいて、これが楽しみという方もいらっしゃるかと思います。

ですが、これはやっぱり面倒だという方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回、火起こしもできて、そのまま卓上こんろとしても使用できる火起こしラクラクこんろセットを販売することとしました。

火起こしラクラクこんろセット

切り出しこんろに火起こし器と火バサミがセットになっており、あとは、木炭と固形燃料を用意していただくだけです。

使い方は、とても簡単。

まず、火起こし器に木炭を少し砕いて小さくした炭を入れて準備します。

そして、こんろにホームセンター等で売られている固形燃料20gを入れ、チャッカマンなどのライターで着火します。
固形燃料をご用意ください

そのこんろに木炭を入れた火起こし器をかけて、固形燃料が消えるまで待つだけです。

20分ほど経てば、固形燃料は消え、木炭は赤くなって火が熾きています。

待つだけで、このように火が熾きてきます。


そこから、火バサミで炭をはさんで移せばよいわけです。

なお、火起こし器が熱で膨張し、こんろから抜けなくなる場合があります。

あまり、こんろの奥までしっかり押し込まないで、写真のように斜めに火起こし器を入れてください。
こんろへ斜めに火起こし器をセット

どうしても取れなくなった場合は、火バサミで炭を移してしばらく待って冷めれば、取れるようになります。

なお、この火起こし器の1回の熾きる量では、例えば真鍮巻きこんろ(大)には少し不足気味に感じられると思いますので、これを真鍮巻きこんろに移して種火とし、適宜木炭を追加してください。

ただし、炭はつい多く入れてしまいがちですが、珪藻土のこんろは、火持ちがよいので熱が強すぎたり、炭が余るくらいになりますので、入れすぎにはご注意ください。


固形燃料に火さえつければ、後は待つだけの火起こしラクラクこんろセット

ぜひ一度お試しください。

こんろは通常の卓上こんろとしても使用できますので、火起こし器、火バサミが付いてこのお値段ですから、たいへんお得なセットです。


切り出し七輪・こんろの販売 能登ダイヤ通販
スポンサーサイト
[ 2012/04/03 16:20 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

能登ダイヤ通販店長

Author:能登ダイヤ通販店長
能登ダイヤ通販の店長
バンドウです。
どうぞよろしくお願いいたします。

FC2カウンター
   
能登ダイヤ通販の珪藻土の切り出しとは 能登ダイヤ通販の真鍮巻きこんろができるまで 能登ダイヤ通販 七輪・こんろの使い方